« 2008年11月 | TOPページ | 2009年01月 »

2008年12月01日
「人」という財産
■ミミメッセージ

 暦は12月に入りました。今年ももう残り少なくないことを告げる、1年でもっとも忙しい季節“師走”の到来です。「もう今年も終わり?」「早い1年だった」「ようやく終わるのか」など、さまざまな感想があると思いますが、みなさんにとって、2008年はどのような1年だったでしょう? 
 今年を振り返るにあたって、“どれだけの人と出会ってきたか”というところから考えてみるのはいかがでしょうか。
 木原光知子は、いろんな人との出会いこそが一番の財産であると考えていました。仕事やボランティア活動を通じてさまざまな人と出会い、得たものを、今度は後輩たちに引き継いでいく。そうしたことが実は自分にとって、一番の宝物なのだと言っていたのです。
 厳しい世の中です。家計も気になります。でも、そんなときだからこそ、自分のなかにはちゃんと宝があるのだ、と確認してみるといいかもしれませんね。
季節的にもますます寒さが厳しくなっていきます。身も心も冷えて縮こまってはいけません。まずは水の中で体をほぐし、心を解放して、明日に備えることが大切です。だからみなさん、今月も元気に泳ぎましょう。

ミミスイミングクラブ