« 2009年08月 | TOPページ | 2009年11月 »

2009年10月01日
感謝の気持ちをこめて
■ミミメッセージ

 みなさまご存知のとおり、2016年のオリンピック・パラリンピック開催地は南米・ブラジルのリオデジャネイロに決定。52年ぶりの東京開催という夢は叶いませんでした。たいへん残念です。東京オリンピックはおあずけになりましたが、WSFことウーマンズ・スイム・フェスティバルは今年も元気に開催されました。
“女性の元気は世の中の元気。まずは女性たちを元気にしよう”というコンセプトから生まれたこのWSFは、今大会で13回目。出場する選手はもちろん、大会運営も女性たちが中心という手づくりフェスティバルは、たくさんの人たちに支えられてここまで続いてきました。まさに、女性たちの水泳に対する熱い気持ちがWSF開催の後押しをしてきたということですね。木原光知子は関わってくれた人たち一人ひとりに深く感謝するとともに、次のようなことを語っていました。
「ウーマンズという大会をやってきたことが、私を大きく育ててくれた。これがなかったら、一つの大会の陰でどれだけの人が力を貸してくれているのか、こんなことにも気づくことはなかったかもしれない」
 感謝の気持ちはWSFだけに限ったことではありません。今日、みなさんが元気に、そして楽しく泳ぐことができるのは、きっと家族の協力があるからこそのはず。気持ちよくプールへ送り出してくれる家族への感謝の気持ちも忘れないようにしたいものです。
 では、みなさん。ありがとうの気持ち胸に、今日も思いきり泳ぎましょう。