« 2012年07月 | TOPページ | 2012年09月 »

2012年08月01日
いよいよ・・・登場!!
■ミミメッセージ

連日の猛暑ですが、熱中症対策は万全ですか?
水分をしっかり摂って、暑い夏を乗り越えてくださいね。

 ロンドンオリンピックも開幕しました。東京から9,580km離れているロンドンとは、時差が8時間(サマータイム)あるため、決勝の試合が早朝になり、ついつい徹夜してしまうパターンで、寝不足気味のかたも多いのではないでしょうか?

 今大会の日本金メダル第一号は、女子柔道57キロ級の松本薫選手でした。畳の上で闘争心むき出しの「超攻撃的柔道」で相手を圧倒し、念願の金メダルを獲得しました。試合前、畳に向かうとき「集中すること、落ち着くこと、気持ちで絶対に負けないこと、最後の最後まで戦うこと」を自分に言い聞かせながらつぶやいていました。最高の結果を出せて、ほっとした松本選手、「今はパフェを食べたい」と笑顔で語っていた姿が、とても印象的でした。

 競泳では日本の男子個人メドレーで初めてのメダルを獲得したのは、高校生の萩野公介選手でした。0歳からのベビースイミングで水泳と出会い、水泳歴17年のベテラン?の萩野選手は持って生まれた才能はもちろんのこと、「素直な心」と「謙虚な姿勢」でトップスイマーとなりました。次回のリオデジャネイロオリンピックも大いに楽しみな選手の一人です。

 8月29日からは「ロンドンパラリンピック」が開幕します。
ミミスイミングクラブから長尾智之くんが100m背泳ぎで出場します。30年前に品川区荏原でミミスイミングクラブを開校してからの、ミミ先生と担当コーチの佐藤温子先生の夢が叶いました。

 長尾くんは、5歳で水泳を始め、最初はなかなか意思の疎通も難しかったですが、佐藤先生の根気強い指導にしっかり付いてきて、7歳でクロールを泳ぎ、9歳で初めて大会に出場しました。
高校3年生になった長尾くんは身長185センチ、体重80キロの恵まれた体格になりました。世界大会も数多く経験して来ましたが、「負けたらどうしよう」という恐怖心はまだまだあります。去年までの長尾くんだったら、イライラして集中出来ずでしたが、今は本人曰く「ロンドンは怖い。でも、1分1秒台を出して、最後まで諦めずにやる」と頼もしい一面も出てきました。

 重責に押しつぶされず、藤本隆宏さん(ソウル、バルセロナ五輪個人メドレー代表)直伝の力強い泳ぎで、正々堂々とレースに望んでほしいと思います。
 長尾くんの「アクアティクス・センター」登場は8月31日です。熱い応援をよろしくお願いします。
そして今日も元気に、さあ泳ぎましょう!!