TOPページもどる

■ミミメッセージ
選手にとって、24時間すべてが訓練の場であるということ

北京オリンピック開催まで1年を切り、スポーツ界ではカウントダウンが始まりました。この最高峰のスポーツの祭典でプレーするために、世界中のトップアスリートがいま、しのぎを削っています。
 こうしたアスリートたちがやらなければいけないことはさまざまありますが、その一つにあげられるのがコンディショニングです。いいプレーをするためには、試合当日に身体・技・心のすべてが、最高の状態でありたいからです。とはいえ、トップ選手ともなれば、試合当日だけではなく、試合時間にも合わせて調整を行ないます。それだけに、非常に微妙なのです。トップアスリートといっても、生身の人間。しっかりと準備していても、ほんのちょっとしたことで、調子が狂ってしまうからです。“試合の日よりも、翌日のほうが調子が良かった”なんてことが私自身にもありました。
 このように、最高のコンディションにもっていくためには、アスリートにとって日常生活を含めたすべてが練習やトレーニングの場になってきます。つまり、競泳の選手だから、プールで、トレーニングジムで鍛えていればいいというものではないのです。
 たとえば、スポーツ選手の資本といえば身体ですが、この身体は何でできていますか? そうです。私たちが毎日口にしている野菜や肉、ごはんや果物といった食べ物からできています。だから、何を食べるか、どう食べるか、ということがとても大切です。
 たとえば、パーティー。トップ選手ともなれば、パーティーに招待されるようなこともあります。そんなとき、見知らぬ人たちのなかで、どのように振る舞うか。あいさつの仕方、話し方、感謝の気持ちを表せるかどうか。こんなところも、やはり練習の場なのです。
 こうしたことから考えると、スポーツ選手にとって、どういう友だちとつきあうか、どんなところへ出かけるか、どういう人と会話をするか。練習場を離れてからも24時間、すべてが訓練の場になるのですね。そうして、それらの積み重ねが表彰台の台の高さの差に現れる。記録にすれば、それはレイコンマ1の差かもしれません。でも、表彰台というあきらかな差となって表れてくるのです。だから、選手たちはどれだけ練習しても悩むのかもしれません。私も45年間、泳いでいますが、未だにわかりませんし、また、わかる日が来ることは永遠にないと思っています。
 ミミスイミングクラブでも、記録会が近づいてきました。記録会は隣のレーンを泳ぐ人との戦いではありません。自分との闘いです。人がどう泳ぐか、何秒で泳ぐか、ではなく、自分がもてる最高のものを出す機会なのです。「記録会はドキドキする」のは当たりまえです。練習さえしていれば、結果はおのずと付いてきます。
「スタート」の合図がなったら、水の中ではおかあさんも助けてくれません。ゴールまで泳ぎきるには、これまでやってきたこと自分を信じるしかないのです。小さな大会ではありますが、ここを乗り越えれば、また一つ大きなものを得ることができるにちがいありません。みなさん、頑張りましょう。

ミミスイミングクラブ代表
木原 光知子



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.swim.co.jp/new/swim/mt-tb.cgi/80

コメント

木原さん、
あまりにも突然のことで驚いています。
明るい笑顔がお似合いで、いつもハキハキされていて素敵でした。
ご冥福をお祈りします。

ミミさん 貴女とは二十歳のバースデイを千駄ヶ谷の中華料理店で
水泳仲間としましたね 今まで蔭で見守って居りました 突然の訃報に唯 驚き!!残念でたまりません 貴女のお母様と私が同年で私の 娘とミミは同年でした
お母様のお嘆きはさぞやと思い
心が痛みます ご冥福をお祈り
致します 84才田邊 英子
古い昔の水泳仲間より

残念です!

突然の訃報に驚いています。水泳に携わる者としてご冥福をお祈りいたします。

私は小さい頃木原さんの本を読んで、水泳をやり始めました
育成コースまでいけました。ここまで来るのに何回も水が嫌になり泳ぐのをやめてしまった時もあったけど・・・今思えば両立が難しくて休息が欲しい状態だったんだなって、自分をコントロールできない自分に焼けをおこしていたんだと。
けど自分が子供産んでも、泳がせたいです。そして自由に、楽しんでほしいと思います
ありがとう
生まれ変わっても泳いでいてね

10月6日のウーマンズで出場された背泳ぎの後、サインを求めた私たちに、快く受けて下さったあの笑顔が忘れられません。

ご冥福をお祈りしますm(__)m

木原さんの一つ一つの言葉をいつまでも忘れません。

水泳を始めて2年、夢は「いつかウーマンズに出場して、木原さんに会いに行きたい!!!」でした。
いつも、SWIMやこちらのHPのコメントを励みに、主婦と水泳と頑張っています。
本当に木原さんには、たくさんの勇気、元気をいただきました。
とても残念ではありますが、きっと私の・・・みんなの心の中に木原さんは生き続けていますよね。

いくら書いても、木原さんへの尊敬、感謝の気持ちは表せません・・・本当にありがとうございました。
心よりご冥福をお祈り致します。

どうして。あまりにも突然で信じられません。
つい先日もテレビで元気なお姿を見て嬉しく思ってたのに。
若すぎます!早ぎます!悲しすぎます・・・・・
ミミさん、同じ世代の私に勇気をありがとうございました。
ゆっくり休んでくださいね。
ご冥福をお祈りいたします。

地方のスイミングクラブで水泳の指導を15年ほどさせて頂いている者です。突然の訃報に驚きました。つい先日のウーマンズスイムフェスティバルに参加した方から、ミミさんのお話を聞いたばかり、そして雑誌SWIMの11月号の表紙に、美しく元気に写っていらしゃるのに・・・、あまりにも突然で、言葉になりません。残念です。
わたしも地方の一コーチとして、微力ながら少しでも多くの方々に、水のすばらしさや、水泳の楽しさをこれからも一生懸命お伝えして行きたいと思います。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

私はウーマンズスイミングフェスティバルに第1回目から3回目まで参加させて頂きました。
今回はまた千葉国際に戻って来られたんだなって思っていたのに。。。
本当に驚きました。。。
天国でも明るく泳いで下さいね。
ご冥福をお祈り致します。

ミミさ~ん!どうして~!
人は誰でもいつかは亡くなるもの
そんなのはわかってるけど
まさかミミさんがこんなに早く・・・
ご冥福をお祈りいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)