TOPページもどる

■ミミメッセージ
美しい身体をつくりましょう

 プロスポーツ界では08年のシーズンが開幕。オリンピックへのカウントダウンも始まり、さまざまな競技で“日本代表”の座をめぐる熱い戦いが繰り広げられています。たくさんのスポーツを生で観ることができる、まさに絶好の機会の到来です。スポーツはぜひ生で観てほしい。木原光知子はそう考えていました。会場に足を運んでこそ、スポーツの面白さ、すばらしさといった醍醐味がわかるからです。
 水泳もやはり会場で観ていただきたい競技です。その良さはたくさんありますが、たとえば身長、体重など、身体の大きさは関係のない水泳選手の資本は自分の身体だけ。それだけに、どの選手もとても美しい身体を持ち、きれいな泳ぎをします。しかも、その美しさは選手としての強さに比例することが、試合をずっと観ているとわかってきます。予選から決勝ラウンドにあがれない選手は、どこかバランスの悪い泳ぎをしていたり、リズムが悪かったりと、泳ぎがどこか美しくありません。しかし、優勝を争うような選手はみんなきれいな泳ぎをしているのです。泳ぎの美しさで並べたら成績と重なるのではないかと思うくらい、美しさと強さは大きく関係していることがわかります。そして、もちろんとてもきれいな身体の持ち主でもあります。日々の鍛錬が美しい泳ぎと、芸術的な身体を作り上げているのでしょう。
 みなさんもぜひ、会場に足を運び、選手たちの美しさに直に触れてみてください。そして、今度はご自身でその“美しさ”を手に入れてください。
 さあ、一緒に泳ぎましょう。

ミミスイミングクラブ



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.swim.co.jp/new/swim/mt-tb.cgi/86

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)